ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立プラントコンストラクション

写真:原子力発電所建設事業

原子力発電所の主要設備である原子炉、タービン、発電機の施工、空調設備の設計・施工などをお引き受けします。また、原子力核融合関連研究施設などの建設およびプラントサービス(リニューアル含む)を行います。

事業領域

事業対象

電力会社の事業用原子力発電所、独立行政法人や官公庁関係の研究用原子炉および粒子加速装置、その他原子力に関連する核燃料施設・再処理施設などを事業対象としております。

据付実績のある原子力発電所

沸騰水型原子力発電所(BWR)および改良型沸騰水(ABWR)

事業範囲

事業範囲は、建設(設計・製作・据付)および予防保全(改造工事・更新工事・メンテナンス)です。

画像:当社の事業範囲説明図

建設技術

建設期間の短縮と作業効率の向上を目的とし、計画段階から据付製品のモジュール化に取り組んでいます。またモジュールなどの大型製品を据付位置に運搬する装置類を自社開発しています。

予防保全技術

原子力発電所の空調システムは定期的に検査を行い、機器の健全性を確認します。作業員が計測し、判断していた内容がシステム化され、機器の寿命予測ができるようになっています。
また原子力発電所も火力発電所同様に大型機器の交換などを行い性能を維持します。この際、機器が大型であることから特殊な技術が求められます。

主な納入事例

国内

初号機:1970年 日本原子力発電(株)殿
敦賀原子力発電所1号機35万kWタービン据付工事 他